伊豆大島 椿ルネッサンス  

椿の森の再生
「椿ルネッサンス」は、大島に代表される「椿」にスポットをあて、木・林・森の再生を促進し、島内の景観を整備する事業です。
また、この事業を通して島内外に椿の貴重さを思いおこさせ、観光や産業の発展にも寄与する他、伊豆大島の美しさを再認識して いただくことを目的としています。
実行委員会より
椿の森再生活動写真 椿の森再生活動写真
椿の森再生活動写真 椿の森再生活動写真

●東京都シナジースキーム事業認定 2008/04/01
●椿ルネッサンス実行委員会発足 2008/04/01
●椿の森再生候補地選定 2008/05/01
●活動報告、椿の花図鑑をWEB上で展開する計画立ち上げ 2008/06/01
●第一回、候補地視察 2008/06/20

椿の森再生地区
tubaki
上の地図クリックで拡大されます
椿の森再生事業の歩み
 椿の花、椿油などで有名な大島ですが、私達島の住民にとっては日常の中の光景であった為、椿に関連する産業や観光に携わる人以外は関心が薄かったというのが現実です。
そうした環境の中、時の流れとともに「椿」=「大島」というイメージが島外でも薄らいでしまったのではないかという危うさ、私達が小さい頃から親しんできた椿の森をもっと多くの人に知ってもらいたい、そうした思いが今回のプロジェクト発足のきっかけです。

プロジェクトメンバーは、島の中でも「椿」フリークとされる方々を中心に、様々な方が参加しています。そして、独自に島内を調査し再生地区を選定。間伐や雑草の除去、整地などを行い、自然の椿をゆっくり鑑賞していただける遊歩道を作成中。観光に来て頂いたお客様にも是非楽しんでいただきたいエリアです。

参加者写真

お知らせ
椿資料館がリニューアルオープンしました! 椿資料館内の様子 椿の産業利用を紹介したブース 椿に関する情報が詰まった電子機器も設置

2011年1月28日 椿資料館がリニューアルオープンしました!

大島公園内に設営されている椿資料館が平成23年1月28日にリニューアルオープンしました。

新しい資料館は、今までの意匠を踏襲するともに、黒潮小屋時代に使っていた材料も、出来るだけ使って改修したそうです。
椿資料館は、年中無休(開館時間8:30〜16:30 入館無料)で、椿に関する様々な情報を発信しています。皆さまのご来館をお待ちしております!

詳細は東京都立大島公園公式Webサイト:http://oshimakoen.jp/をご覧ください。

このページの先頭へ
椿の森に椿油の搾りかすを搬送しました 椿油の搾りかすを椿の木の根元に撒きます 椿油の搾りかすを椿の木の根元に撒きます 椿の花の蜜を吸うメジロの様子

椿の森の再生地区に椿油搾りかすを散布しました。

島の椿油製油業者より椿油搾りかすを提供頂き、椿の森の再生地区に搾りかすを散布しました。
島では椿油搾りかすは女性達の洗髪料や農産物の肥料として昔から利用されてきました。

椿の森にはたくさんのメジロやヒヨドリ達が飛び交い、鳴きながら椿の花の蜜を吸っていました。

このページの先頭へ

椿の実拾いイベントの様子がTBSニュースで放送されました!

10月23日(土)に開催された椿の実拾いイベントの様子がTBSニュースで放送されました。
当日は総勢60名の方々が集まり合計160kgもの実を拾いました。

このページの先頭へ
椿の森の椿の実拾いイベントの様子 椿の森の椿の実拾いイベントの様子 椿の森の椿の実拾いイベントの様子 椿の森の椿の実拾いイベントの様子

2010年10月、椿の森の再生地区で椿の実拾いをしました!

見事な椿の実がたくさん実った椿の森の再生地区で、観光客や町民の方々と椿の実を拾いました!

10月9日(土)には町民総勢60名の方々が集まり合計210kgもの実を拾いました。
また、10月17日(日)には観光客5名の女性の方々が椿の実拾いを体験され、合計12kgの実を拾いました。

椿の実広い体験イベントは11月30日(火)まで受け付けております。お気軽にお問合わせ下さい。

このページの先頭へ
早咲き椿 早咲き椿

2010年9月、椿花ガーデン・リス村の早咲き「ヤブ椿」が開花しはじめました!

椿花ガーデン・リス村では早咲きの「ヤブ椿」が咲き始めました。
なお、リス村では10月23日13:00より、オペラ「椿姫」ピクニックコンサートが開催されます。詳しくは伊豆大島観光協会へお問合わせ下さい。
このページの先頭へ
椿の森に実る椿の実 椿の森に実る椿の実 椿の森に実る椿の実 椿の森に実る椿の実

2010年8月、たくさんの椿の実が実りました!

伊豆大島「椿の森の再生プロジェクト」3年目の今年、椿の森に見事な椿の実がたくさん実っています。
今年の秋には、伊豆大島の椿を多くの方に知っていただく為、椿の実を拾うイベントを計画しております。
このページの先頭へ